2017年11月
« 10月 12月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930 

セミナー・イベント

  • Home
  • > サイバーセキュリティ最新動向

3/16

サイバーセキュリティ最新動向

bannersecurity

本セミナーは終了いたしました。
多数の方にご参加いただきありがとうございました。

インターネットの普及は社会経済の発展、大きな価値や可能性を生み出しています。一方、様々な情報通信端末やインターネットを活用した新しいサービスの提供により、メール、ウェブサイト、アプリケーションなどを通じて、サイバー攻撃の危険にさらされるようになりました。
近年では行政機関や民間企業を対象としたサイバー攻撃による被害が深刻な社会問題となりつつあります。
このような現状を踏まえ、最新のサイバーセキュリティ、サイバー攻撃等に関する最新情報や事例・対策等について専門家を迎えセミナーを開催します。
是非、ご参加ください。

開催日

平成28年3月16日(水) 13:30~17:00

会場

ソフトピアジャパン センタービル10F 大会議室
(岐阜県大垣市加賀野4丁目1番地7)
 駐車場は駐車場案内「研修用駐車場」をご利用ください。→駐車場案内

内容

12:45受付開始
13:30開催の挨拶
13:35テーマ:「我が国のサイバーセキュリティ政策について」

講師:藤田 清太郎 氏 内閣官房 内閣サイバーセキュリティセンター 内閣参事官

概要:企業や個人の活動領域がサイバー空間に拡がる中、サイバー攻撃の脅威が高まっています。政府等に対しても例外ではなく、昨年6月の日本年金機構に対する事案は記憶に新しい。政府では、昨年1月に施行したサイバーセキュリティ基本法に基づき、新戦略の策定を始め各種取組に着手しています。政府における司令塔機能を担う内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)の立場から、最新の取組状況や今後の方向性についてご紹介します。

14:25休憩
14:35テーマ:「最近の標的型サイバー攻撃の傾向と事例」

講師:伊東 宏明 氏 独立行政法人 情報処理推進機構 技術本部 セキュリティセンター
             情報セキュリティ技術ラボラトリー

概要:近年、いわゆる標的型攻撃によるウイルス感染や情報窃取の報道が増えており、今後も個人情報や機密情報、知財情報の窃取や、社会インフラに対する妨害や破壊活動などの脅威拡大が予見されます。
本講演では、IPAで行う標的型攻撃に対抗する取り組みを紹介すると供に、標的型攻撃で使われるメールの例やその見分け方の他、サイバーレスキュー隊(J-CRAT)の活動を通じて得られた、最近の被害事例やその対策についてご紹介します。

15:25休憩
15:40テーマ:「正しく知り、正しく怖がる第一歩 ~数多の脅威と向き合うひととき~」

講師:辻 伸弘 氏 ソフトバンク・テクノロジー株式会社
             シニアセキュリティエヴァンジェリスト 

概要:昨今、毎日のようにどこかで情報セキュリティ事故が発生しています。
それらの情報量、速度も増加の一途を辿っています。
しかし、情報量は多いもののそれは錯綜し、不確かである場合もあります。脅威を無暗に怖がるだけでは決して前には進めません。そこで今回は、基本に立ち返る意味も込めて、私たちを取り巻く脅威を改めて認識し、それらとどう付き合っていくべきかということをデモを交えながら皆さんと一緒に考えるひとときとするような話をします。

16:40名刺交換等

講師プロフィール

sec_01藤田 清太郎 氏 内閣官房
           内閣サイバーセキュリティセンター 内閣参事官
1991年、郵政省(現総務省)入省。岐阜県庁情報政策課長、総務省情報通信政策局地上放送課課長補佐、大臣官房総務課課長補佐、(独)情報通信研究機構パリ事務所長、金融庁監督局参事官などを経て、2014年7月より現職。
sec_02伊東 宏明 氏 独立行政法人 情報処理推進機構 技術本部
          セキュリティセンター 情報セキュリティ技術ラボラトリー
大学卒業後、株式会社日立システムズにてネットワーク・セキュリティSEとして官公庁、産業、金融システムのプロジェクトに従事。
2012年9月より、IPA標的型サイバー攻撃特別相談業務に従事。
2014年7月、J-CRAT[ジェイクラート](サイバーレスキュー隊)発足よりサイバーレスキュー隊副隊長に着任。標的型攻撃などサイバー攻撃に関する分析や対応を行う傍ら、講演活動なども行っている。
sec_03辻 伸弘 氏 ソフトバンク・テクノロジー株式会社
         シニアセキュリティエヴァンジェリスト 
1979年大阪府生まれ。セキュリティ・エンジニアとして、コンピュータの弱点を洗い出し修正方法を助言するペネトレーション検査などに従事する一方で国内外問わずセキュリティ情勢の調査、ハニーポットの運用、侵入検知システム(IDS)による監視などを利用したリサーチ活動など情報発信を常に行っている。
セミナー登壇多数の他、テレビ・ラジオ出演、「実践Metasploit」(オライリー)監訳、オンライン記事として、「セキュリティ・ダークナイトライジング」(@IT)「辻伸弘の裏読みセキュリティ」「セキュリティのトビラ」(マイナビ) などで執筆。

対 象

経営者・管理職、セキュリティ担当者、システム管理者、サーバー運用者、開発エンジニア、事務職 など

定 員

80名(先着順・定員になり次第締め切ります)

参加費

無料

主催/共催

主催:公益財団法人ソフトピアジャパン
共催:ぎふITものづくり協議会

お申込

下記、申込フォームからお申込ください。

チラシ

○チラシ:『セキュリティ最新動向』(669KB)
 ※裏面が申込用紙となっています。

お問合せ先

公益財団法人ソフトピアジャパン 新サービス創出支援課 新サービス創出支援担当
〒503-8569 岐阜県大垣市加賀野4丁目1番地7
TEL:0584-77-1166  FAX:0584-77-1105
E-Mail:seminar”at”softopia.or.jp
(※”at”を@に変えて送信してください)

20160316