IoT・IT研修

  • Home
  • > IT研修
  • > 機械学習Androidアプリ開発 ~カメラ入力による画像識別アプリ~

※受講料は消費税を含みます。

開催決定

12/13 -12/14

機械学習Androidアプリ開発 ~カメラ入力による画像識別アプリ~

受講料¥ 31,000 (消費税込)
開催日 2018年12月13日(木) 〜12月14日(金)
研修時間午前10時~午後5時
学習目標

・機械学習のライブラリであるTensorFlow (テンソルフロー)の学習済みモデルを、Androidアプリケーションに組み込む方法を学習します。
・ジェスチャー認識をテーマに、Android端末でデータを収集し、作成した機械学習モデルにより、クラウド上で学習しAndroidアプリに組み込み利用します。

研修内容

  1.  Androidアプリへの機械学習モデル組み込み
     (1) AndroidとTensorFlow
       ・TensorFlow for Mobileについて
       ・TensorFlow Liteについて
       ・Mobile Vision APIについて
       ・MLKitについて
     (2) Android Studioセットアップ
     (3) Inception-v3 サンプルの実行
  2.  TensorFlowの基礎
     (1) TensorFlowとは
     (2) TensorFlowのインストール
     (3) Hello TensorFlow
  3.  画像分類モデルの作成
     (1) データセットの準備
     (2) データセットの読み込み
     (3) 推論
       ・モデルの作成
     (4) 学習と評価
  4.  TensorFlow Lite
     (1) モデルの出力
     (2) モデルの変換(TensorFlow Lite形式)
     (3) モデルの量子化
       ・量子化とは
     (4) アプリへの組み込み
前提知識

・ActivityやSensor、SQLiteなどAndroidアプリ開発の経験があること
・Python言語によるプログラミング経験があること
・Linux環境の操作知識(テキストファイルの編集、シェルの操作)があること
受講までにGoogleアカウントを取得してください。

備考Python 3.X
TensorFlow API for Android
Android 6.0以降 (JavaまたはKotlin)
開催場所ソフトピアジャパン ドリーム・コア 1F ネクストコア
研修形式講義・PC演習(Windows)
募集人数10名(最少催行人数:5名)
申込締切日2018年12月4日(火)