IoT・IT研修

  • Home
  • > IT研修
  • > IoTデータを収集・可視化するInfluxDB & Grafana活用入門

※受講料は消費税を含みます。

申込受付中

12/8 -12/9

IoTデータを収集・可視化するInfluxDB & Grafana活用入門

受講料¥ 24,000 (消費税込)
開催日 2022年12月8日(木) 〜12月9日(金)
研修時間午前10時00分 ~ 午後5時00分
開催場所ソフトピアジャパン ドリーム・コア 1F ネクストコア
こんな方に
おすすめ!

・IoTによるデータ可視化をこれから始めたい方
・社内にBIツール導入を検討されている方
・時系列データベースの高速性を体感したい方
・スマートフォンからのセンサーデータ収集に興味がある方

学習目標

・オープンソースソフトウェアである、Grafana Node-RED InfluxDBの基本的な使い方を学習します。
・Grafanaは、30種類以上のデータベースに対応したデータ可視化ツールです。社内のデータベースからグラフ等の可視化画面をマウス操作で簡単に作成できます。
・InfluxDBは、時系列データベースです。IoTで収集した大量のデータを高速に読み出す事が可能です。
・実習ではWindowsパソコンに各ソフトをインストールし、スマートフォンから取得したIoTデータを保存、Grafanaで可視化する所まで行います。

研修内容

〇1日目:環境構築、動作確認
1.コンテナ仮想環境 Docker
1)概要、インストール、初期設定

2.時系列データベース InfluxDB
1)概要、コンテナ起動、初期設定

3.データ可視化ツール  Grafana
1)概要、コンテナ起動、初期設定

4.ビジュアルプログラミングツール Node-RED
1)概要、コンテナ起動、初期設定
2)各機能や使い方の説明
3)例題によるプログラム作成
4)IoTデータのダッシュボード可視化

〇2日目:IoTデータ分析システムを使いこなしてみよう
4.データ収集してみよう
1)PC稼働状況の取得と記録
2)スマホのセンサーデータ取得と記録

5.Grafanaによる可視化
1)グラフ表示
2)CSV出力、アラート通知
3)ログインユーザー管理

6.研修にて作成したデータの保存、読込について

7.サーバー運用について

8.IoTシステム導入に向けたノウハウについて

前提知識

・プログラミングの基礎知識

備考使用ソフトウェア:InfluxDBGrafanaNode-REDDocker

※6/24-25開催「クラウド環境で始める実践IoT入門(Node-RED編)」を受講いただいた方は、一部重複する内容がございます。
研修形式講義・PC実習
募集人数10名(最少催行人数:5名) 現在の申込人数:3名
申込締切日2022年11月 22日(火)
研修申し込み この研修を申し込む
IoTデータを収集・可視化するInfluxDB & Grafana活用入門