IoT・IT研修


※受講料は消費税を含みます。

終了

9/8 -9/9

AWS基礎

受講料¥ 26,000 (消費税込)
開催日 2022年9月8日(木) 〜9月9日(金)
研修時間午前9時30分~ 午後5時30分
開催場所ドリーム・コア 1F ネクストコア
こんな方に
おすすめ!

・AWSの導入を検討されている方
・AmazonLinux2(RedHat7ベース)のご利用を検討されている方
・Dockerコンテナのご利用を検討されている方

学習目標

・Amazon Web Services(AWS)の代表的なサービスを理解し、基本的な操作を学習します。
・AmazonLinux2(RedHat7ベース)での構築演習(Dockerインストール等)、Dockerコンテナによるサーバ構築演習(WordPress Web/DBサーバ)を行います。
・可用性やアクセス負荷を考慮したインフラ環境を構築できるようになる技術を学習します。

研修内容

1. クラウドコンピューティング入門
・クラウドコンピューティングの定義/特徴

2. Amazon Virtual Private Cloud(VCP)(演習)
・Amazon Web Servicesの概要
・AWS Management Console へのアクセス
・VPCの設定
・サブネット/ルートテーブル/インターネットゲートウェイ

3. Amazon EC2(演習)
・Amazon EC2とは
・EC2インスタンスとライフサイクル
・AWSコマンドラインインターフェイス

4. Webサーバの構築と管理(演習)
・Dockerについて
・Linux環境構築のためのコマンド
・dockerのインストール/コンテナの作成/docker-compose
・スナップショットの作成
・スナップショットからEBS/AMIの作成
・スケールアップ・スケールダウン

5. Amazon S3(演習)
・S3とバケットとオブジェクトの関係
・Amazon S3のアクセス制御
・ACL(Access Control List)
・バケットポリシー

6. Identify & Access Management(演習)
・IAMユーザーとグループ/IAMポリシー

7. Amazon RDS(演習)
・RDSの作成/接続/管理/可用性

8. Amazon ELB(演習)
・ELBの作成
・EC2インスタンスの複製
・負荷分散

9. その他のサービス
・Amazon Lightsail/
・Elastic Container Service
・Lamdba
・Elastic Beanstalk

前提知識

・ネットワークの基礎(IPアドレス、サブネット、ルーティング等の意味)
・サーバ関連の用語(サーバ、CPU、メモリ等の意味)
・Linuxの基礎知識があり、コマンドによる基本操作が出来れば尚可

備考●使用ソフトウェア:Chromeブラウザ、TeraTerm ver4.x

・クラウドに馴染みのない方向けに、クラウド用語の基本解説や他社サービスの紹介なども行います。
・ネットワークの設計など初期設定から始め、最終的にWebサーバ、DBサーバ、ロードバランサを配置した二重化構成までの全体を通した構築を演習で体験していただきます。
研修形式講義・PC演習(Windows)
募集人数16人(最少催行人数6人)開催決定
申込締切日2022年8月30日(火)