IoT・IT研修

  • Home
  • > IT研修
  • > クラウド環境で始める実践IoT 入門(Node-RED編)

※受講料は消費税を含みます。

申込受付中

6/23 -6/24

クラウド環境で始める実践IoT 入門(Node-RED編)

受講料¥ 24,000 (消費税込)
開催日 2022年6月23日(木) 〜6月24日(金)
研修時間午前10時00分~午後5時00分
開催場所ソフトピアジャパン ドリーム・コア1F ネクストコア
こんな方に
おすすめ!

・ビジュアルプログラミングツール Node-REDのクラウド環境構築と基本的な使い方を学習します。
・Node-REDは、ノードと呼ばれるブロックを接続することで、手軽にGUIベースでIoTシステムを作ることができるオープンソースのソフトウェアです。
・IoTデバイスとしてWiFiやバッテリーを内蔵したM5StickC小型マイコンを使用して、各種センサーを使った簡単なIoTシステムの構築方法を学習します。

学習目標

・IoT用クラウドサーバー構築方法を実践、習得したい方
・IoTシステム構築ソフト、Node-REDの基本操作を理解し、
 インターネット経由でのデータ収集を実践してみたい方
(Node-REDは、ノードと呼ばれるブロックを接続することで、
手軽にGUIベースでIoTシステムを作ることができる
オープンソースのソフトウェアです。)
・社内にてIoTシステム実証実験を行う手法を習得したい方
・IoTシステム発注時の注意点や、全体像を把握しておきたい方

研修内容

〇1日目:環境構築、動作確認

1.IoTクラウドサーバーの構築
1)クラウドの種類について
2)さくらVPSサーバーとは
3)サーバー起動、OSインストール
4)コントロールパネル設定

2.Node-REDとは
1)概要
2)インストール(※1)、自動起動、settings.js設定

3.Node-REDプログラミング
1)基本的なノード(Inject,Debug)
2)データフローを制御する(Change,Switch,Function)
3)ゲージ・グラフを表示させる(Dashboard)

4.マイコンとセンサー
1)M5StickC Plusとは
2)プログラミング実習(UIFlow)
・LEDを光らせる
・温度、湿度、気圧を計測する

〇2日目:Node-REDとUIFlowを使いこなしてみよう

5.IoT通信プロトコルMQTT
1)Mosquitoインストール、自動起動
2)通信テスト

6.センサーデータの可視化(Node-REDとUIFlow)
1)光センサーをクラウド表示
2)温度、湿度、気圧をクラウド表示
3)振動状況をクラウド表示

7.Node-REDを使ったIoT活用例を考えてみる
1)クラウドを使ったシステム構築例の紹介
2)製造業での活用例ご紹介

※1:受講後も自社でセンサからのデータ取得できるよう、クラウドサーバー(※2)にNode-RED環境を構築します。
※2:クラウドサーバーは、さくらインターネット(株)のさくらのVPS(2週間お試し無料)を利用しますので、クレジットカードが必要です。

前提知識

プログラミングの基礎知識

備考使用ソフト:Node-Red、Mosquito、UIFlow

・さくらインターネットのアカウントを研修中に取得します。
・サーバー立ち上げにはクレジットカード情報が必要になります。
・14 日間のお試し期間を利用するため、14 日以内にサーバー解約をしないと料金 が発生します。 (2 ヶ月間で1,342 円)
・研修で使用したマイコン(M5StickC Plus)、センサー等はお持ち帰り頂くことができ、継続して クラウドサーバーにてデータ表示できます。
研修形式講義・PC演習
募集人数10名(最少催行人数:5名) 現在の申込人数:6名
申込締切日2022年6月7日(火)17:00
研修申し込み この研修を申し込む