IoT・IT研修

  • Home
  • > IT研修
  • > 品質・生産性向上、効率化のためのデータ分析 ~データに基づくカイゼン入門(製造業向け)~

※受講料は消費税を含みます。

申込受付中

1/17

品質・生産性向上、効率化のためのデータ分析 ~データに基づくカイゼン入門(製造業向け)~

受講料¥ 9,000 (消費税込)
開催日 2020年1月17日(金)
研修時間午前9時30分 ~ 午後5時30分
学習目標

・品質、作業工程、在庫などのデータを分析することで、感と経験ではなく客観的情報に基づいた生産性向上の手法について学習します。
・エクセルを用いた演習により、実践的なデータ分析能力も習得します。

研修内容
  1. 品質の基礎統計
    (1)平均と分散
        製品の品質特性を、代表値と分散で捉える
    (2)有意差の検定
        製品間の品質に差異があるか否かを科学的に検証する
  2. 品質向上の要因分析
    (1)相関分析
        製品強度に影響する要因を相関分析で明らかにする
    (2)回帰分析
        製品強度を予測する回帰モデルを作成する
  3. 業務のボトルネック工程の発見と改善
    (1)業務プロセスの図解化
        DMM(Diamond Mandara Matrix)による作業の階層化
        作業工程全体を見える化
    (2)業務量調査
        作業時間測定のための調査票の設計
    (3)多次元データ分析
        エクセルを用いた生産効率の分析とボトルネックの発見
  4. 在庫管理と効率化
    (1)ABC分析による重要製品の絞込み
        出荷実績データからAランク商品を絞り込み
    (2)在庫回転率の分析
        在庫回転率の計算、効率性の悪い製品を洗い出し

    (3)出荷予測と適正在庫
        出荷予測による適正な発注点と発注ロットの算定

前提知識

Microsoft Excel の操作(関数入力、ピボットテーブル、グラフ作成)ができること

備考
開催場所ドリーム・コア1F ネクストコア
研修形式講義・PC演習(Windows)
募集人数10名(最少催行人数:5名)
申込締切日2019/12/24(火)
研修申し込み この研修を申し込む