IoT・IT研修

  • Home
  • > IT研修
  • > FA&IoTシステム構築術とPLCによるデータ収集 ~模擬生産設備を使って学ぶ実践的手法~

※受講料は消費税を含みます。

開催中止

11/11 -11/12

FA&IoTシステム構築術とPLCによるデータ収集 ~模擬生産設備を使って学ぶ実践的手法~

受講料¥ 24,000 (消費税込)
開催日 2019年11月11日(月) 〜11月12日(火)
研修時間午前10時~午後5時
学習目標

・スマートマニュファクチャリングに関して、現状の理解と今後の展開に関する基本的な知識を習得します。(海外状況、国内状況、国際標準化等)
・IT系技術者の方は、FA系のシステムを対象としたソフトウェア開発における基礎的な知識を習得し、FA系コントローラであるシーケンサ(PLC)への情報授受する方法を、実習を通して体験できます。
・FA系の技術者の方は、生産情報等を取り扱うIT系との接点に関して理解が促進され、スムーズに現場のIoTの計画立案などが行うための知識を学習します。

研修内容

1.FAにおけるIoT概論
 ①IoTに関する動向(国際、国内)
 ②FAにおけるIoT
 ③最近の話題

2.FAシステム概論
 ①FAシステムとは
 ②三菱電機のFAコンポーネント紹介
 ③シーケンサとは

3.情報系との連携⽅法
 ①三菱電機製品と情報系との連携製品紹介

4.情報系とつなげてみよう
 ①MCプロトコル解説
 ②シーケンサの設定

5.実習1
 ①MCプログラミング(C++、Java、Perl、Python)

6.データモデル
 ①モデルと関連用語
 ②装置と機器の関係
 ③モデル化例
 ④OPC UA

7.Edgecrossご紹介
 ①Edgecrossの概要
 ②RealtimeFlowManager
 ③ManagementShell
 ④実施例

8.対象装置の概要
 ①システム概要
 ②メカ構成
 ③電気構成
 ④プログラム

9. 実習2
 ①MCプログラミング(C++、Java、Perl、Python)

10. システム化
 ①IVIキットを⽤いたシステム設計
 ②三菱電機の取り組み
 ③Edgecrossご紹介

11.まとめ

※ 三菱電機(株) 講師による実践的な講義と演習です。

※ パンフレットの内容に加え、Pythonも追加となりました。

※ (注)内容を変更しました。(2019/11/1)

前提知識

・FA系のシステムを対象としたソフトウェア開発を行いたい方
・生産情報等を取り扱うIT系との連携について学習したい方
・C言語またはJava言語の基礎知識

備考実習は、C++、Java、Perl、Pythonのうちのひとつで行っていただけます
開催場所ドリーム・コア 5F 実習室4
研修形式講義・プログラミング演習
募集人数10名(最少催行人数:5名)
申込締切日2019/11/06