IoT・IT研修

  • Home
  • > IT研修
  • > 機械学習Androidアプリ開発 ~カメラ入力による画像識別アプリ~

※受講料は消費税を含みます。

終了

10/24 -10/25

機械学習Androidアプリ開発 ~カメラ入力による画像識別アプリ~

受講料¥ 31,000 (消費税込)
開催日 2019年10月24日(木) 〜10月25日(金)
研修時間午前10時~午後5時
学習目標

・機械学習のライブラリであるTensorFlow (テンソルフロー)の学習済みモデルを、Androidアプリケーションに組み込む方法を学習します。
・ジェスチャー認識をテーマに、Android端末でデータを収集し、作成した機械学習モデルにより、クラウド上で学習しAndroidアプリに組み込み利用します。

研修内容
  1.  Androidアプリと機械学習
     (1) アプリへの組み込み事例
     (2) TensorFlow Lite
     (3) MLKit
     (4) TPU(Tensor Processing Unit)
  2.  開発環境
     (1) Andorid Studioのセットアップ
     (2) Inception-v3 サンプルの実行
  3.  TensorFlowの基礎
     (1) TensorFlowとは
     (2) TensorFlowのインストール
     (3) Hello TensorFlow
     (4) 簡単な学習
  4.  画像分類モデルの作成
     (1) データセットの準備
     (2) データセットの取り扱い
     (3) モデルの作成
       ・推論/学習/評価
  5.  Androidアプリへの組み込み
     (1) モデルの出力(TensorFlow Lite形式)
     (2) モデルの量子化
       ・量子化とは
       ・量子化の利点と課題
     (3) Androidアプリへの組み込み
       ・Anroid NN(Neural Networks) APIによる高速化
       ・NN APIの課題
前提知識

・ActivityやSensor、SQLiteなどAndroidアプリ開発の経験があること
・Python言語によるプログラミング経験があること
・Linux環境の操作知識(テキストファイルの編集、シェルの操作)があること
※受講までにGoogleアカウントを取得してください。
 Android端末(Ver 6.0以降)をお持ちの方はご持参下さい。

備考Python 3
TensorFlow API for Android
Android 6.0以降 (JavaまたはKotlin)
開催場所ソフトピアジャパン ドリーム・コア 1F ネクストコア
研修形式講義・PC演習(Windows)
募集人数10名(最少催行人数:5名)
申込締切日2019年10月11日(金)